発達障害はサプリメントで緩和できる!継続して摂取しよう

生薬の持つ効果を生かす

ドラッグ

配合禁忌にも注意しておく

自然の生薬を使用している漢方ですが、だからといって副作用がない訳ではなく、人によっては副作用も現われます。更年期のための漢方薬もこれは同様です。ただ薬と違ってはっきりと特定の副作用が現れるということは少なく、服用した人の体質に合うかどうかによって副作用が起きるため、気をつけておく必要があります。また配合禁忌についても注意しておくべきです。配合禁忌とは、複数の漢方薬の組み合わせや、薬との組み合わせによっては害が生じたり、効果を落とすことです。漢方は何れも複数の生薬の組み合わせです。更年期の方向けの生薬としては、加味逍遥散や半夏厚朴湯といったものがありますが、これらの生薬と別の生薬やサプリ、あるいは薬との組み合わせには相性が悪いものが存在します。複数の更年期漢方薬を一度に飲んだり、薬を併用する場合は医師に相談した方が安全です。

症状を少しずつ改善できる

人は誰でも更年期を迎え、その際には耳鳴りや頭痛、倦怠感といった様々な症状が現れがちです。しかし更年期は医師の診断を受けても明確な特効薬を処方される訳ではなく、現代医学でもこれらの症状の対処が難しいのが特徴です。そこで漢方薬の力を借りて少しずつ症状を改善していく療法が広く採られています。この療法は漢方薬を摂取する他に、その成分を含んだサプリメントを摂取する方法もあります。何れの場合も生薬の組み合わせによって、更年期の症状改善を長期的に改善していくのが療法の目的であり、手段です。自然由来の生薬として更年期に特に効果があるとされるものに、半夏厚朴湯、温清飲、当帰芍薬散などの生薬があります。これらの生薬は更年期の複数の症状を改善する効果があり、漢方薬やサプリメントで重宝されています。